シュキーンの紹介・特徴

Pocket

タイムマネジメント型管理システム「シュキーン」働き過ぎの従業員や忙しいチームを瞬時に把握。タイムマネジメントに必要な機能を豊富に用意。とおって。かざして。Webで

シュキーンとは?

「シュキーン®」とはタイムマネジメント型勤怠管理システムです。

従来の勤怠管理システムは勤怠データを記録するだけの勤怠記録システムでした。シュキーンではタイムマネジメントに必要な管理機能を豊富に用意している真の勤怠管理システムです。統計画面では勤怠記録の分析からチームの働き方改善が可能です。

出退勤記録は簡単です。スマートフォンを持って通るだけで打刻するとおってシュキーン、NFC対応ICカードをかざして打刻するかざしてシュキーン、PC/スマートフォンのブラウザから打刻するWebでシュキーンなどの選べる打刻方法を用意しています。

使わなくなったiPhone、Androidなどのスマートフォン端末、iPad、Androidタブレットなどのタブレットを端末として利用できます。新しいタイムレコーダーを購入する必要がなく、費用を抑えた導入が可能です。

料金

充実した統計機能によるタイムマネジメント

シュキーンでは日々の勤怠データを元にしての勤怠分析、タイムマネジメントが可能です。例えば下記の「総労働時間」や「総残業時間」では総労働時間や残業時間の多い従業員を一瞬で把握可能です。
総労働時間や残業時間の多い従業員を一瞬で把握可能!(総労働時間と総残業時間)

統計画面

経営判断に役立つ部署毎の勤怠データ把握

部署ごとの平均労働時間を表示。働き過ぎの部署が一目瞭然です。「労働時間の多い部署の仕事量を見直す」「労働時間の多い部署の人員を増強する」「労働時間短い部署から、労働時間の多い部署に人員を異動する」といった経営判断に役立ちます。

統計画面部署ごとの平均労働時間

いつでもどこでも勤怠確認可能

最新の勤怠データはいつもご利用のパソコンやスマートフォンのブラウザ上から確認できます。場所と時間を選ばず、外出中でも現在の出退勤情報を把握することが可能です。

打刻忘れを限りなくゼロに。無駄な業務を発生させません

タイムカードの打刻を忘れる従業員は多く、2014年調査の「勤怠管理システムに関するアンケート」での「苦労している点」という設問に対して最も多い回答は「未入力への対応」でした。

※参考 勤怠管理システムの導入状況(2014年) – IT、IT製品の情報なら【キーマンズネット】

「打刻忘れ」は従業員による出退勤時刻の入力や記録忘れの理由報告、管理者による従業員からの報告を確認する「未入力への対応」といった無駄な業務を新たに生み出します。

シュキーンでは通るだけで出勤できるとおってシュキーンNFC対応ICカードをかざすだけで出勤できるかざしてシュキーンを始め、直感的な出退勤動作が可能です。そのため「打刻忘れ」率が低く、無駄な業務を発生させません。

とおってシュキーン
かざしてシュキーン

初期導入費用をゼロに。導入しやすい勤怠管理システムの提供

従来の勤怠管理システムを導入するためにはタイムレコーダーやタイムカードを新規に購入する必要がありました。シュキーンはタイムレコーダーの代わりにAndroidや、iPhone、iPadといった、もう使わなくなった端末を使用することができます。そのため、すでに各端末を保有する組織では新たな端末購入費用が不要です。

導入手順

ブラウザで管理するASPタイプのため、パッケージ版の勤怠管理システムと比べて、安価の提供を可能としました。初期費用も無料を実現、月額費用も無料(基本機能のみの提供)からの導入が可能です。

料金

主な機能

提供している主な機能について紹介します。

出退勤の打刻機能

勤怠管理機能

勤怠統計・出退勤データからの勤怠分析

  • 総労働時間が多い従業員を見つける
  • 総残業時間が多い従業員を見つける
  • 休日出勤回数が多い従業員を見つける
  • 日別の出勤人数を確認
  • 部署ごとの平均労働時間確認
  • 部署ごとの平均残業時間確認
  • 部署ごとの平均休日出勤回数確認

統計画面

勤怠ルール設定機能

  • 始業時間の設定
  • 終業時間の設定
  • 日付変更時間の設定
  • 早出時間・残業時間を労働時間に含めるかどうかの設定
  • 固定・自動の休憩設定

勤怠方針画面


関連ページ

不明な点はありませんか?

シュキーンではお問い合わせが多い項目につきましてはよくある質問にまとめています。記載がない質問につきましてはお問い合わせフォーム、またはシュキーンのTwitterアカウントまでお気軽に質問をお寄せください。

お問い合わせフォーム

今すぐ無料で試してみる