『HMCC Award 2015』にて最高賞の大賞を受賞しました

Pocket

2015年4月24日(金)17時より、北海道札幌市中央区にあるMIRAI.ST Caféで『HMCC Award 2015』が開催され、タイムマネジメント型勤怠管理システムの「シュキーン」は最高賞の大賞を受賞しました。

『HMCC Award 2015』のトロフィーと賞状
『HMCC Award 2015』のトロフィー賞状

『HMCC Award 2015』の冠名ともなっている「HMCC」とは北海道モバイルコンテンツ・ビジネス協議会の略称です。

HMCC(北海道モバイルコンテンツ・ビジネス協議会)は北海道のモバイル業界を支える民間会社や公的機関132社以上が加入する団体です。北海道のモバイルを盛り上げるべく、会社や組織といった垣根を越えた交流を行っています。

そのようなHMCCが初開催するHMCC awardとはどのような趣旨を持っているのでしょうか。

【趣旨】HMCC awardは、モバイルシステム導入により「自社商品・サービスの開発」、「ユニークなゲームなどのコンテンツ」「業績向上」、「顧客満足度向上」、「社会貢献推進」、「先進的なモバイル活用」等の成果を上げた事例を顕彰し、モバイルの更なる普及促進を図るものです。また、受託業務が多い北海道IT業界の中、自社サービスや自社コンテンツの発信を促し、北海道の IT 業界の底上げを図ります。さらには、受託企業の中でも、高度かつユニークな受託業務をやっている企業を紹介し、販路拡大を目指します。
『HMCC Award 2015』開催のご案内

第1回の開催となった『HMCC Award 2015』では12社、17件の応募がありました。審査員6名による厳正な審査の結果、予選を突破したシュキーンは当日、以下のような審査の基準が事前に提示される中、プレゼンに臨みます。

【審査の基準】
「HMCC award」では、主として以下の観点から、総合的に審査を実施します。
1. 【技術面】 「ユニークな技術」、「先進的なモバイル技術」等を導入し、効果的に活用しているか。
2. 【利用ユーザの視点】 導入後に、実際に利用するユーザ(一般顧客、従業員、市民等)の満足が得られているか。
3. 【モバイル活用の視点】モバイルの特長を上手く活かした、モバイルならではの事例か。
4. 【ビジネス面】 モバイルシステム導入前の課題をよく把握し、モバイルシステム導入により、「業務効率化」「コスト削減」「売上拡大」「業績向上」等の効果が得られているか。具体的な数値として上がっているか。
5. 【応用性、展開性】 全社的に活用されているか。他の企業・団体等に応用、展開可能で、見本とすべき事例か。
6. 【社会性】 公共・福祉・社会貢献・エコ推進の面や、社会に与えるインパクト、社会的な評価(メディアからの取材等)はどうか。
『HMCC Award 2015』開催のご案内

数々の北海道モバイル関係者が集まる中、実績を元にしたプレゼンを行いました。他にも素晴らしいサービスがあった中、シュキーンは最高賞の大賞を受賞することができました。

『HMCC Award 2015』での記念写真。写真真ん中は当日、プレゼンを行った株式会社インフィニットループ代表取締役 松井健太郎(@ketaiorg)
「HMCC Award 2015」記念撮影

『HMCC Award 2015』の様子は2015年4月26日の北海道新聞にも掲載されました。
hokkaido-shinbun-20150426

今回は昨年4月~今年3月に発売された自社開発製品が対象で、12社が計17点を出品した。大賞のシステムは社員がタイムカードの代わりにスマホで出退勤の時刻をサーバーに記録できる仕組みで、約400社が導入した実績などが評価された。特別賞にセカイメニューとエスプランニング、奨励賞にキロル(いずれも札幌)の各社が選ばれた。
道内IT大賞に出退勤管理システム「シュキーン」 関連団体が創設 | どうしんウェブ/電子版(経済)

今後も皆様の期待に応えられるような製品を作ってまいります。引き続き、シュキーンをよろしくお願いいたします。