【機能追加】自動休憩の設定項目に「自動休憩タイプ」を追加しました

Pocket

シュキーンでは、自動休憩の設定項目に「自動休憩タイプ」を追加しました。
各従業員の1日の労働時間のうち、どの時間を自動休憩機能による「休憩時間」とするかを設定します。

自動休憩タイプの設定方法

勤怠方針(管理画面)を開き、「自動休憩」タブを選択します。

すでに自動休憩を設定済みの場合、画面に「自動休憩タイプ」が表示されます。また自動休憩を設定していない場合は、「追加」ボタンをクリックすると「自動休憩タイプ」が表示されます。

break-time-ss-1

自動休憩タイプ

各従業員の1日の労働時間のうち、どの時間を自動休憩機能による「休憩時間」とするかを設定します。

  • 1日の労働時間の末尾を休憩時間とする
  • 深夜労働時間を優先して休憩時間とする
  • 深夜労働時間以外を優先して休憩時間とする

上記を設定した場合、どの時間が休憩時間に設定されるかを、図を使って説明しています。
下記のマニュアルをご覧ください。

勤怠方針(マニュアル)