かざしてシュキーン(ICカード)

Pocket

Nexus7でかざしてシュキーン
かざしてシュキーン(ICカード)はタブレットやスマートフォンとNFC対応ICカードを利用した打刻方法です。従業員はかざすだけで出退勤記録が可能です。現在、最も利用が多い打刻方法です

1台以上の親機端末を用意する必要があります。親機として、

の三種類があります。従業員全員が子機端末としてNFC対応ICカードなどを用意する必要があります。

なお、シュキーンの同組織内で打刻方法の併用ができます。例えば、ICカードを持っている従業員はかざしてシュキーン、持っていない従業員はWebでシュキーン(Web打刻)という併用が可能です。

かざしてシュキーンAndroid版

かざしてシュキーンAndroid版は親機にNFC対応Android端末と、子機にNFC対応ICカードを使った打刻方法です。

メリット

  • Android端末を利用することができる
  • 新たなカードリーダーなどが不要

かざしてシュキーンAndroid版(+ICカードリーダー)

かざしてシュキーンAndroid版(+ICカードリーダー)は親機にNFC対応Android端末とPaSoRi RC-S380、子機にNFC対応ICカード、またはFelica対応スマートフォンを使った打刻方法です。

メリット

  • Android端末を利用することができる
  • カードリーダーを使用するため、通常Android版よりカードをかざしやすい
  • 通常Android版とくらべて、Felica対応スマートフォンを利用することができる

かざしてシュキーンiOS版(+ICカードリーダー)

かざしてシュキーンiOS版(+ICカードリーダー)は親機にBluetooth 4.0対応iOS端末PaSoRi RC-S390、子機にFelica対応のICカード、またはFelica対応スマートフォンを使った打刻方法です。

メリット

  • iOS端末を利用することができる
  • カードリーダーを使用するため、通常Android版よりカードをかざしやすい
  • 通常Android版とくらべて、Felica対応スマートフォンを利用することができる

他の打刻方法を調べる

わからなかったことはありませんか?

シュキーンサイトではよくある質問を用意しています。不明な点は該当質問がないかどうかをご確認ください。記載がない質問につきましてはお問い合わせフォーム、またはシュキーンのTwitterアカウントまでお気軽にお寄せください。

かざしてシュキーン(共通)のよくある質問

かざしてシュキーンAndroid版のよくある質問

かざしてシュキーンiOS版(+PaSoRi RC-S390)版のよくある質問

今すぐ無料で試してみる